【国際】2018年のPM2.5大気汚染、バングラが世界最悪。インド都市部も深刻。中国は大きく改善 2019/03/10 最新ニュース

 大気汚染情報提供世界大手スイスIQAirは3月5日、2018年の世界のPM2.5汚染状況を発表。世界で最もPM2.5濃度が高かった国はバングラデシュ。都市別ではインド・グルグラム(旧名グルガオン)だった。

 今日、若年死亡者の死因で世界第4位の規模。年間700万人以上が死亡している。また、疾患により奪われている労働力は年間2,250億米ドル(約25兆円)にも上る。今回、IQAirは、測定している世界3,000都市以上の2018年のPM2.5汚染を分析。測定対象となった73カ国のうち86%は、世界保健機関(WHO)指針の10µg/m3を達成できておらず、50%はPM2.5濃度がWHO指針よりも3倍も高かった。

PM2.5濃度の高い国(µg/m3

  1. バングラデシュ(97.1)
  2. パキスタン(74.3)
  3. インド(72.5)
  4. アフガニスタン(61.8)
  5. バーレーン(59.8)
  6. モンゴル(58.5)
  7. クウェート(56.0)
  8. ネパール(54.2)
  9. アラブ首長国連邦(49.9)
  10. ナイジェリア(44.8)
  11. インドネシア(42.0)
  12. 中国(41.2)
  13. ウガンダ(40.8)
  14. ボスニア・ヘルツェゴビナ(40.0)
  15. マケドニア(35.5)

 一方、濃度が低い国は、アイスランド(5.0)、フィンランド(6.6)、オーストラリア(6.8)、エストニア(7.2)、スウェーデン(7.4)、ノルウェー(7.6)、ニュージーランド(7.7)、カナダ(7.9)、米国(8.0)、ポルトガル(9.4)、アイルランド(9.5)の順。WHO指針を達成しているのは、この11カ国のみ。日本は12.0、英国は10.8、ドイツは13.0、フランス13.2、スイス11.6、シンガポール14.8、韓国24.0、台湾18.5だった。

PM2.5濃度の高い都市(µg/m3

  1. インド・グルグラム(135.8)
  2. インド・ガーズィヤーバード(135.2)
  3. パキスタン・ファイサラバード(130.4)
  4. インド・ファリダバード(129.1)
  5. インド・ビワディー(125.4)
  6. インド・ノイダ(123.6)
  7. インド・パトナ(119.7)
  8. 中国・ホータン(116.0)
  9. インド・ラクナウ(115.7)
  10. パキスタン・ラホール(114.9)

 南アジアでは、大気汚染が非常に深刻な問題となっている。東南アジアでは、石炭火力発電所の多いジャカルタとハノイではPM2.5濃度が高く、すでに中国で深刻だった北京よりもPM2.5濃度が高い。欧州では、バルカン地域で濃度が高い。また、アフリカや中南米地域では、そもそもPM2.5濃度を測定するインフラが整っておらず、今回対象となっていないが、懸念されている。

【参照ページ】AirVisual launches groundbreaking report and interactive web ranking in review of 2018’s global air quality status

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る