【国際】FATF、マネーロンダリング・テロ資金供与対策で重大な欠陥国・地域リストを更新 2019/03/13 最新ニュース

 マネーロンダリングに関する金融活動作業部会(FATF)は2月22日、マネーロンダリング・テロ資金供与(AML/CTF)で重大な欠陥を持つ国・地域を更新した。FTAFは4ヶ月毎に同リストをアップデートしている。

 今回の発表では、加盟国に対し管理強化を要求する対象として北朝鮮とイランの2ヶ国を、重大な欠陥があるものの当該国政府がFATFと共同でアクションプランを設定した国として12カ国を特定した。12ヶ国は、バハマ、ボツワナ、カンボジア、エチオピア、ガーナ、パキスタン、セルビア、スリランカ、シリア、トリニダード・トバゴ、チュニジア、イエメン。

【参照ページ】FATF声明の公表について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る