【日本】東急電鉄、日本初再エネ100%鉄道路線を誕生。世田谷線が通年・全列車で 2019/03/27 最新ニュース

 東京急行電鉄(東急電鉄)は3月25日、同日から世田谷線を再生可能エネルギー100%で運行すると発表した。都市型鉄道における通年・全列車の再エネ100%運行は日本初。これにより、年間1,263tの二酸化炭素排出量を削減できる。

 今回の取り組みでは、東北電力グループの大越水力発電所と松川地熱発電所の電力を、東急パワーサプライが小売電気事業者として供給を受け、東急電鉄に「再生可能エネルギー電気需給契約」を用いて販売する。メニュー別排出係数も設ける。一方、東急電鉄に再エネを供給したことで、それ以外の東北電力の排出係数はその分上がる。

 世田谷線は、約5km、10駅を結んでいる。2017年度の一日平均輸送人員57,541人。

【参照ページ】日本初再生可能エネルギー100%による世田谷線の運行を電気記念日の3月25日に開始

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る