【国際】マイクロソフト、加州警察からのAI顔認識導入を拒否。人権侵害リスク考慮 2019/04/21 最新ニュース

【国際】マイクロソフト、加州警察からのAI顔認識導入を拒否。人権侵害リスク考慮 1

 IT世界大手米マイクソフトのブラッド・スミス社長は4月16日、米カリフォルニア州の警察当局から要求された警察官の車に顔認識システムを導入する依頼を断ったことを明らかにした。人工知能(AI)は非白人や女性に対する学習が少なく、不当に無実の非白人や女性をシステムが取り上げるリスクがあり、人権上の懸念があると判断したことが理由。

 また同社は、ある国から首都に監視カメラを設置する依頼についても、集会の自由を損ねる恐れがあると判断し依頼を断ったという。一方、米国のある刑務所に、看守の安全性強化のため導入を引き受けたとも語った。

 マイクロソフトは、政府機関が、包括的な監視、自動兵器、不可逆的な行為を助長することになるものは人権侵害としてかかわらない方向。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る