【日本】厚労省、福島第一原発での廃炉・除染作業への特定技能外国人活用で慎重検討を通達 2019/05/22 最新ニュース

【日本】厚労省、福島第一原発での廃炉・除染作業への特定技能外国人活用で慎重検討を通達 1

 厚生労働省は5月21日、新しい外国人就労制度「特定技能ビザ」で外国人労働者を福島第一原子力発電所での廃炉や除染作業に従事させるという東京電力の計画に対し、慎重に検討するよう求める通達「東京電力福島第一原子力発電所における外国人労働者に対する労働安全衛生の確保の徹底について」を発出した。

 今回の通達では、東京電力ホールディングスに対し、発電所構内で行われる放射線関連業務について、「安全衛生管理体制の確立」「リスクアセスメント及びその結果に基づく措置の実施、安全衛生教育の実施等」「被曝線量管理」「工事の発注段階からの効果的な被ばく低減対策の検討及び実施」「健康管理対策等」を実施するよう求めた。

 同様に、東京電力ホールディングスから業務を請け負う事業者に対しても、「安全衛生管理体制の確立」「リスクアセスメント及びその結果に基づく措置の実施、安全衛生教育の実施等」「被曝線量管理」の3つを求めた。

 福島第一原子力発電所では、すでに発展途上国からの労働者が多数働いている。日本では人手不足で工賃が上昇しているとともに、廃炉・除染作業を忌避する日本人は少なくなく、外国人に頼る形となっている。今回の通達により、東京電力ホールディングスは、厚生労働省に検討結果を報告しなければならない。廃炉・除染作業での安易な外国人活用に待ったをかけた形。

【参照ページ】東京電力福島第一原子力発電所における特定技能外国人労働者に対する労働安全衛生の確保について

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る