【アメリカ】仏食品ソデクソ、牛肉酷似の野菜ハンバーガー販売開始。全米1500店舗以上で 2019/08/12 最新ニュース

 仏食品大手ソデクソは8月8日、米国1,500以上の店舗で、外見が牛肉に酷似している野菜バーガー「インポッシブル・バーガー」を8月19日から販売すると発表した。米国では、健康志向や気候変動緩和を目的とした牛肉離れの動きが一部で出始めている。

 今回投入したのは、ソーセージ・マフィン・サンドイッチ、ソーセージ・グレービー、ソーセージ・ビスケット、ステーキ・バーガー、クレオール・バーガー等。いずれもミートは、植物性。生産に必要な土地は、牛肉比べて96%少なく、水消費量も87%削減できる。二酸化炭素排出量も89%減らせる。

【参照ページ】Sodexo Launches New Impossible™ Burger Menu at more than 1,500 U.S. Locations
【画像】Sodexo

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る