【日本】旭化成ホームズ、RE100加盟。自社開発物件での太陽光発電から電力調達。2038年目途 2019/09/13 最新ニュース

 旭化成ホームズは9月10日、事業電力を100%再生可能エネルギーで調達することを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。2038年までに事業電力を100%再生可能エネルギーに転換する。

 旭化成ホームズは、これまでも、戸建住宅「ヘーベルハウス」及び賃貸住宅「ヘーベルメゾン」で太陽光発電設備設置を積極的に推進してきた。過去累積の設備容量は360MWを超え、電力量は約360GWh。一方、同社の事業電力消費量は約33GWhのため、固定価格買取(FIT)期間を終えた太陽光発電電力の一部を同社が全国一律10円/kWhで買い取り、自社電力として消費する考え。

 同社の開発物件で生まれた太陽光発電電力を、同社は「ヘーベル電気」と名付け、2018年から関東・関西エリアで電力販売している。11月までに順次、中部、山陽、九州北部地方のヘーベルハウス全販売エリアに提供範囲を広げ、これまで利用対象外となっていたヘーベルメゾン入居の顧客や、オール電化住宅(新築に限る)の顧客も販売対象としていく。
 
【参照ページ】国際的イニシアチブ「RE100」に加盟 「ヘーベル電気」による買取電力で脱炭素社会の実現に貢献

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る