【日本】トヨタ自動車、近距離移動向け2人乗り超小型EVの販売を開始。バリューチェーン全体でのビジネスモデルも 2019/10/21 最新ニュース

【日本】トヨタ自動車、近距離移動向け2人乗り超小型EVの販売を開始。バリューチェーン全体でのビジネスモデルも 1

 トヨタ自動車は10月17日、2020年冬頃から、超小型電気自動車(EV)の販売を開始する予定と発表した。10月24日から11月4日まで「東京モーターショー2019」に出展する。同社は6月、「超小型EVビジネス向けコンセプトモデル」「歩行領域EV(立ち乗りタイプ/座り乗りタイプ/車いす連結タイプ)」「TOYOTA i-ROAD」の3タイプを発表していたが、今回新たに新モデルを追加した形。

 超小型EVは、乗員2名で最高速度時速60km。充電時間は5時間で、約100km走行可能。免許を取りたての人や高齢者、買い物等での近距離移動者を想定している。業務用としての活用も目論む。

 6月に発表した3タイプは、基本1名乗員のタイプだったが、今回乗員2名用のモデルを打ち出した。

 またトヨタ自動車は、EVを推進するため、新車販売だけでなく、新車リース、中古車販売、中古車リース、充電サービス、保険サービス、電池リサイクルまでバリューチェーン全体を見据えたビジネスモデルを構築していくと表明した。

【参照ページ】TOYOTA、東京モーターショー FUTURE EXPOに2020年冬頃発売予定の「超小型EV」を出展

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る