private 【EU】欧州保険・企業年金監督局、企業年金ストレステスト結果発表。IORP IIに基づきESGを初めて考慮 2019/12/20 最新ニュース

 EUの欧州保険・企業年金監督局(EIOPA)は12月17日、欧州企業年金基金(IORP)に対する2019年ストレステスト結果を発表した。EUでは2019年から第2次欧州企業年金(IORP)指令(IORP II)が施行。企業年金は運用プロセスにESGを組み入れることが義務付けられており、今回のストレステストでも、ESG観点のストレステスト結果が初めて発表された。 【参考】【EU】欧州議会、企業年金EU指令改正案「IORP II」可決。ESG投資の全面実施を規定(2016年12月2日)  IORP IIは、投資運用リスクマネジメントに、ESG要素を組み入れることを義務化しており、それに伴いESG要素が、投資ポートフォリオの保護、質、流動性、収益性に与える影響を正しく評価することが期待されている。また、義務ではないものの、ESGを組み入れた投資決定がどのような潜在的な長期インパクトをもたらすかを考慮することも推奨されている。  今回のストレステストは、EUと欧州自由貿易連合(EFTA)を合わせた欧州経済領域(EEA)加盟国にある運用資産総額5億ユーロ(約約610億円)以上の年金基金が対象。調査内容は、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る