private 【EU】BNPパリバとEIF、社会的インパクト投資ファンドを共同設立。12億円規模。すでに3件に投資 2020/02/07 最新ニュース

 金融世界大手仏BNPパリバとEUの政策基金である欧州投資基金(EIF)は2月4日、EU域内の社会的インパクト投資(SIB)に共同投資するためのファンド「BNP Paribas European Social Impact Bond Fund」を発足した。ファンド規模は1,000万ユーロ(約12億円)。BNPパリバがSIB年のストラクチャーを担当する。  EIFは、社会課題分野へのファイナンスを拡大するEU政策の一環として、SIBへの投資拡大も進める。SIBは、事前に設定した社会的なKPIを達成すれば、投資した投資家に対し、出資を受けた政府機関やNGOから元本とリターンが支払われる仕組み。KPIを達成できなければ、返済されない。  BNPパリバは2016年以来、…

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る