【イギリス】保健省、公営病院NHSの負債約1.7兆円放棄。新型コロナ対策と長期的医療体制目指す 2020/04/08 最新ニュース

【イギリス】保健省、公営病院NHSの負債約1.7兆円放棄。新型コロナ対策と長期的医療体制目指す 1

 英保健省は4月2日、英公的医療機関NHS(国民保健サービス)が抱える政府への負債130億ポンド(約1.7兆円)について、4月1日付で債権放棄すると発表した。今回の発表は、NHS改革の一環。病院が抱える財政負担を一気に解消することで、新型コロナウイルス・パンデミック対策に必要な資金を確保すると同時に、長期的な財務健全性を実現した。

 NHSが運営する医療機関は、信託の形で運営され、NHSトラストと呼ばれている。NHSトラストは、収益やインフラ予算の差分を埋める、借入を行う場合も多い。現在のNHSトラスト107機関では、概ね1億ポンド、最大10億ポンドの負債を抱えている。今回の新規程では、NHSトラストは政府からの借入が帳消しになった。それにより、新型コロナウイルスを受け、通常営業の制限等がある中、新たに借入できるようになった。

【参照ページ】NHS to benefit from £13.4 billion debt write-off

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (2)

ページ上部へ戻る