private 【中国】ビヨンド・ミート、スターバックス3300店舗で代替肉活用商品の販売開始。中国初進出 2020/04/24 最新ニュース

 代替肉世界大手米ビヨンド・ミートの代替肉を活用した商品の販売が4月21日、中国のスターバックス3,300店舗以上で開始された。ビヨンド・ミートの肉が中国で販売されるのは今回が初めて。食品市場第2位の中国への進出を果たした。

 スターバックスは、新型コロナウイルスの影響で中国にある約4,300店舗が休業していたが、3月中旬から順次営業を再開し、すでに95%が通常営業に戻っている。営業再開早々、代替肉がメニューに加わるという華々しいデビューとなった。

【参考】【国際】スターバックス、全米店舗の順次再開計画発表。一方、日本では休業態勢に。マクドナルドも(2020年4月20日)

 ビヨンド・ミートは、大豆を原料とした代替肉。大豆で牛を飼育するよりも、大豆からそのまま肉同等物を生産したほうが、二酸化炭素排出量を大きく抑えることができるため、近年注目を集めている。ビヨンド・ミートは、牛肉と近い品質を実現したことで知られている。

 今回の中国のスターバックス商品でビヨンド・ミートの代替肉が使われるのは、チーズ入りラザニア、ペスト・ジェノヴェーゼのパスタ、トルティーヤの3種類。

 ビヨンド・ミートは、中国を重要市場と位置づけており、中国のホームページを開設。WeChat(微信)や微博(Weibo)にも公式アカウントを開設した。

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る