【イギリス】首相、外務・英連邦省と国際開発省を統合。外交政策の一体運用目指す 2020/06/27 最新ニュース

【イギリス】首相、外務・英連邦省と国際開発省を統合。外交政策の一体運用目指す 1

 英ボリス・ジョンソン首相は6月17日、英外務・英連邦省(FCO)と英国際開発省(DFID)を統合し、9月に「外務・英連邦・開発省」を設置すると発表した。外務と国際開発を一体運用することで、戦略的な外交政策を実現する。英外務・英連邦相が、新省の大臣に就く。

 今回の統合により、英国の国際開発支援を、英国の外交政策が反映されたものにしていく。英国は2021年のG7議長国であり、気候変動枠組条約締約国会議COP26グラスゴー会議も2021年に開催することになっている。

 また主要国毎に置かれていた通商担当(Trade Comissioner)を、各国の大使の下に位置づけ、二国間外交でも一体運用を実現する。

【参照ページ】Prime Minister announces merger of Department for International Development and Foreign Office

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る