【国際】ICMA、2020年度グリーンボンド等の諮問委員会委員機関発表。金融庁や大和証券も 2020/10/13 最新ニュース

【国際】ICMA、2020年度グリーンボンド等の諮問委員会委員機関発表。金融庁や大和証券も 1

 証券業界の国際業界団体・国際資本市場協会(ICMA)は10月9日、グリーンボンド及びソーシャルボンドに関するエグゼクティブ・コミッティから、今年度の諮問委員会の委員機関を発表した。委員機関は任期が1年。証券会社(投資銀行)、NGO、発行体等からバランスを考慮して選ばれる。

2020年諮問委員会の構成

  • アセアン資本市場フォーラム(ACMF)
  • Ashurst
  • Aviva Investors
  • 中国銀行
  • ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)
  • ブルームバーグ
  • ドイツ連邦金融庁
  • フランス地方金融基金(CAFFIL)
  • CICERO Shades of Green
  • Clifford Chance
  • 大和証券
  • EDF
  • エネル
  • Ernst & Young Hua Ming
  • カナダ輸出開発公社
  • ファニーメイ
  • Ferrovie Dello Stato Italiane
  • 日本金融庁
  • Impact Investment Exchange
  • ISS
  • 中国・中央経済大学グリーンファイナンス国際研究所
  • レイサム&ワトキンス
  • ロンドン証券取引所
  • ルクセンブルク証券取引所
  • モルガン・スタンレー
  • ナショナル・オーストラリア銀行
  • ノルデア銀行
  • Nuveen
  • RAM Sustainability
  • 格付投資情報センター(R&I)
  • S&Pグローバル・レーティング
  • ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ(SSGA)
  • ストックホルム・サステナブルファイナンス・センター
  • サステイナリティクス
  • カーボン・トラスト
  • 気候債券イニシアチブ(CBI)
  • UBSロンドン支社
  • 国連開発計画(UNDP)
  • ウェルズ・ファーゴ・アセット・マネジメント
  • 世界自然保護基金(WWF)

【参照ページ】Green Bond Principles and Social Bond Principles Executive Committee announces 2020/2021 Advisory Council composition

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る