private 【日本】花王、ESGを中期計画に全面統合。ポジティブ・インパクトで高収益実現。2030年売上2.5兆円 2020/12/10 最新ニュース

 花王は12月9日、2025年までの花王グループ中期経営計画「K25」を発表。「ESG-driven Kao Way」を標榜し、ESGを全面に経営計画に統合し、2025年の売上1.8兆円、営業利益2,500億円を実現する目標を設定した。

 K25の経営方針は、「持続的社会に欠かせない企業になる」「投資して強くなる事業への変革」「社員活力の最大化」の3つが柱。特に、「持続的社会に欠かせない企業になる」では、再利用による新事業を創造する「ポジティブリサイクル」、炭酸ガスを原料に転換する「カーボンリサイクル」、感染症発生源を絶つ「ストップ・パンデミック」の3つを重視することを鮮明にした。

 「投資して強くなる事業への変革」では、新事業としてデジタル・プレジションヘルスケア(高精度生体解析と恒常性強化ソリューション)」を成長させる。化粧品や衛生商品でもイノベーションに力を入れる。「社員の活力最大化」では、業務のデジタル化を2023年に完了させる等により活動生産性を2倍にまで引き上げる。

 今回花王は、2030年までの中期経営計画「K30」についても、「持続的社会に欠かせない企業になる」は維持しつつ、「高社会貢献&高収益グローバル企業」「ステークホルダーへの成長レベル還元」の2つに方針を昇華させることを公表した。2030年の財務目標は売上2.5兆円、営業利益4,000億円。

【参照ページ】花王グループ中期経営計画「K25」を発表

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る