private 【中国】習近平国家主席、2030年のCO2原単位排出量を2005年比65%削減に目標引き上げ 2020/12/13 最新ニュース

 中国の習近平国家主席は12月12日、同日に開幕した国連気候野心サミットで演説し、GDPを分母とした二酸化炭素の原単位排出量を2030年までに2005年比65%削減するとの目標を発表した。

 同主席は2019年9月の国連総会で、2060年に二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)を宣言し、2030年までにピークアウトさせると表明していた。

【参考】【中国】習近平主席、国連総会で2060年カーボンニュートラル目標を宣言。2030年までにピークアウト(2020年9月24日)

 中国政府は2015年に、2030年までに60%から65%削減することを公式目標としていたが、今回目標を引き上げレンジの最高値の「65%」に目標を定めた形。

 達成に向けては今回、2030年の非化石燃料電源比率を、2015年発表時の20%から、「約25%」へと引き上げると表明。2019年時点で414GWの太陽光発電と風力発電を2030年までに累計1,200GWにまで増やす。

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る