private 【イタリア】Eni化学子会社Versalis、再生ポリスチレン75%の食品トレイを開発。マテリアルリサイクル 2021/04/09 最新ニュース

 エネルギー世界大手イタリアEni子会社のイタリア化学Versalisは4月7日、イタリアのプラスチック・リサイクル大手Forever Plastと協働し、使用済みポリスチレンをマテリアルリサイクルした再生素材を75%活用した食品トレイ「Versalis Revive PS Air F」を開発したと発表した。主に肉や魚の包装で使用される。

 VersalisとForever Plastは、以前から協働を進めており、今回成果の一つとして「Versalis Revive PS Air F」を開発。食品包装に耐えられる高品質の「食品グレード」をプラスチックを、再生プラスチックから生産した。他にもポリエチレン生産のバリューチェーンを形成するCorepla、ProFood、Unionplast等とも生産で連携する。

 開発したトレイは、三層構造の複合素材。まず内側は、Versalis Revive PS Air Fを活用した再生ポリスチレン製。外側の二層は、バージン・ポリスチレン。外表面には、バージン・ポリスチレンを採用。全体の性能試験は、独研究機関フラウンホーファー研究機構プロセス・エンジニアリング&パッケージング(IVV)が担当した。

【参照ページ】Versalis to launch new product for food packaging made with 75% post-consumer polystyrene

ここから先は有料登録会員限定のコンテンツとなります。ログインまたは有料会員登録を行って下さい。

Facebookコメント (4)

ページ上部へ戻る