【国際】GSKCH、2025年までに歯磨き粉チューブを100%リサイクルに転換。欧州2社と協働 2021/05/17最新ニュース

 製薬大手英グラクソ・スミスクライン(GSK)の消費者向け医薬品子会社グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア(GSKCH)は5月13日、歯磨き粉チューブの密閉用ラミネートのリサイクルで、仏容器製造Albéaおよび印容器製造EPL Global(旧Essel Propack)と協働すると発表した。GSKCHの歯磨き粉ブランド「Sensodyne(日本ではシュミテクト)」「parodontax」「アクアフレッシュ」で、2025年までに歯磨き粉チューブを100%リサイクル可能なものにする。

 今回の協働では、…

Links