【国際】米英加、ベラルーシとキューバの個人・法人に経済制裁発動。資産凍結 2021/08/10 最新ニュース

【国際】米英加、ベラルーシとキューバの個人・法人に経済制裁発動。資産凍結 1

 米財務省外国資産管理局(OFAC)は8月9日、2020年8月のベラルーシ大統領選挙で不正が行われたことから1年経過したことを受け、大統領令13405に基づき、個人23人と法人21団体に対する経済制裁を発動した。加えて、ベラルーシ制裁権限を拡大する「ベラルーシ情勢に加担する個人資産凍結令」も発令した。ベラルーシ制裁としては米国史上最大。

 米国は、2006年6月にベラルーシのルカシェンコ大統領に対する経済制裁を発動。今回、大幅に対象を拡大した。対象者は、エネルギー業界の権力者ミカライ・ヴァラベイ氏、たばこ業界の権力者アリアクセイ・アレクシン氏等。また団体としては、ネボイシャ・カーリッチ氏が率いるダーナ・ホールディングス、国営カリウム生産ベラルーシカリ、国営たばこ生産Grodno Tobacco Factory Neman、ベラルーシ・オリンピック委員会等。

 発動された経済制裁では、米国内の資産が凍結。発動対象者が直接または関節的に50%以上を所有する法人の資産も凍結された。

 OFACは7月22日には、グローバル・マグニツキー人権説明責任法に基づき、キューバの個人1名、1団体に対しても経済制裁を発動している。対象は、アルバロ・ロペス・ミエラ国防大臣と、キューバ内務省所管の特殊部隊。

 ベラルーシに対しては、イギリス政府とカナダ政府も8月9日、経済制裁を追加発動。英政府の制裁では、英国内空港への渡航禁止、石油製品の取引制限、保険引受の禁止等まで盛り込まれており、大幅に経済活動が制限される。

【参照ページ】Treasury Holds the Belarusian Regime to Account on Anniversary of Fraudulent Election
【参照ページ】Treasury Sanctions Cuban Minister of Defense and Special Forces Brigade for Abuses Against Protestors

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る