【フィリピン】アヤラ財閥、スコープ3含め2050年カーボンニュートラル宣言 2021/11/17最新ニュース

 フィリピン財閥アヤラ・コーポレーションは10月21日、スコープ3含めた2050年カーボンニュートラル(二酸化炭素ネット排出量ゼロ)を宣言した。同社は、発電事業も抱えているが、傘下のACエナジーは2020年に、2030年までに石炭火力発電事業から完全撤退することを表明していた。

【参考】【フィリピン】アヤラ財閥のACエナジー、2030年までに石炭火力完全撤退。丸紅との合弁案件も(2020年5月9日)

 同社は、…

Links