【アメリカ】ボストン市、運用ファンドで化石燃料ダイベストメント義務化。市条例が成立 2021/12/03最新ニュース

 米ボストン市のミシェル・ウー市長は12月1日、2025年末までに、同市のファンドで、化石燃料、たばこ、民間刑務所でのダイベストメント(投資引揚げ)義務付ける条例案に署名。同条例が成立した。ミシェル・ウー氏は、市長に就任したばかりだが、直前まで市議会議員を務めており、同条例案を共同提出した一人だった。市議会は全会一致で通過していた。

 同条例では、…

Links