Skip navigation
サステナビリティ・
ESG金融のニュース
時価総額上位100社の96%が
Sustainable Japanに登録している。その理由は?

【エチオピア】マスターカード財団とGebeya、100万人のギグワーカー創出で協働。スキル開発も

【エチオピア】マスターカード財団とGebeya、100万人のギグワーカー創出で協働。スキル開発も 1

 マスターカード財団と、エチオピアに本社を置くアフリカIT人材プラットフォームGebeyaは3月1日、エチオピアで起業家100人に対し、独自のギグマーケットプレイスを提供する5年間のプログラム「Mesirat(メジラット)」を開始すると発表した。4,800万米ドル(約65億円)を拠出する。

 同プログラムは、観光・ホスピタリティ、農業、教育、建設、医療、商業、製造、情報技術(IT)、専門サービス、輸送、高速移動消費財(FMCG)、エンターテイメント等の分野で、Gebyaの知見を活かし、人材プラットフォームモデルを構築。スキル開発をしながら雇用機会を提供していく。

 メジラットは、現地のアムハラ語で「働く」を意味する単語。若い起業家が独自のギグマーケットプレイスを立ち上げ、完全に運営できるようにすることを目指す。同時に、立ち上がったプラットフォームにより、200万人の若者が市場で通用するスキルを身につけ、そのうち100万人が仕事を見つけることができるようにしていく。目標では100万人のうち女性を70万人として設定した。

 マスターカード財団は、2030年までに1,000万人の若い男女にディーセント・ワークへのアクセスを確保できるようにすることを目標として掲げ、プログラムYoung Africa Works Strategy」を展開。今回のGebeyaとの協働もその一環。

 同プログラムは、マルチセクター・アプローチを採用。コンソーシアムの主要パートナーとして、ACE Advisors、American College of Technology(ACT)、Shega Media & Technology、The Urban Center、Center for Accelerated Women’s Economic Empowerment(CAWEE)、Laurendeau & Associates等が参画する。

【参照ページ】The Mastercard Foundation, Gebeya Announce $48 Million Partnership to Equip Ethiopia’s Next Generation of Entrepreneurs

author image

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

この記事のタグ

Sustainable Japanの特長

Sustainable Japanは、サステナビリティ・ESGに関する
様々な情報収集を効率化できる専門メディアです。

  • 時価総額上位100社の96%が登録済
  • 業界第一人者が編集長
  • 7記事/日程度追加、合計11,000以上の記事を読める
  • 重要ニュースをウェビナーで分かりやすく解説※1
さらに詳しく ログインする

※1:重要ニュース解説ウェビナー「SJダイジェスト」。詳細はこちら

"【ランキング】2019年 ダボス会議「Global 100 Index: 世界で最も持続可能な企業100社」"を、お気に入りから削除しました。