【国際】サンタンデール銀行、カナダの年金基金と共同でサステナビリティ投資会社を設立

Facebook Twitter Google+

 スペイン銀行大手のサンタンデール銀行(以下、サンタンデール)は5月28日、カナダ最大の年金ファンド、オンタリオ州教職員年金基金およびPSPインベストメンツとともに、世界の再生可能エネルギーおよび水インフラへの投資・運用に特化したサステナビリティ投資会社、Cubico Sustainable Investments(以下、Cubico)を設立したと発表した。  今後、Cubicoは世界最大の再生可能エネルギー・水インフラへの投資会社に [...]

» 続きを読む

【国際】CFSI、EUの新・紛争鉱物規則の遵守に向け企業を支援

Facebook Twitter Google+

 紛争鉱物に関する国際イニシアチブのConflict-Free Sourcing Initiative(以下、CFSI)は5月27日、先日欧州議会で採択されたEUの新・紛争鉱物規則案への遵守に向けて企業を支援すると発表した。  EUの新・紛争鉱物規則案の特徴は、米国ドッド・フランク法では対象外となっていた輸入・加工業者に対して、製錬・精錬業者が直接、間接を問わず紛争や深刻な人権侵害への資金融通に関わっていないことを独立した第三者機関を [...]

» 続きを読む

【国際】2025年のサステナビリティ報告はリアルタイム情報開示へ。GRIが予測

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRIは5月29日、今から10年後となる2025年のサステナビリティ報告のトレンドについてまとめたリサーチペーパー、"Sustainability and Reporting Trends in 2025 –Preparing for the Future"を公表した。  GRIの分析によると、将来は新たなデータ技術の進歩により報告の透明性は大幅に向上し、報告は完全にデジタル化され、年次 [...]

» 続きを読む

【国際】世界120の機関投資家CEOら、COP21での長期CO2排出削減目標の合意を呼びかけ

Facebook Twitter Google+

 合計12兆米ドルの資産を運用している世界の機関投資家のCEOら120人は5月26日、各国の財務相宛に今年12月のCOP21で締結される気候協定に長期的なCO2排出削減目標を盛り込むよう強く求める公開書簡"For the attention of the Finance Ministers of the Group of Seven"を公表した。世界中の投資家が一丸となり、初めてCOP21における長期CO2排出削減目標の合意、および各 [...]

» 続きを読む

【国際】炭素価格制度の市場規模、約500億米ドルに到達

Facebook Twitter Google+

 世界銀行グループおよびEcofysは5月26日、世界の炭素価格制度の現状についてまとめた報告書、"Carbon Pricing Watch 2015"を公表した。同報告書によると、排出される炭素量に応じて排出価格を設定する炭素価格制度の市場規模は全世界で500億米ドル近くに達したという。  これは、世界各地で実施されている既存の炭素税制度の140億米ドルに加え、新たに韓国で始まった排出権取引制度や米国カリフォルニア州、カナダのケベッ [...]

» 続きを読む

【国際】世界の消費者はCSRに積極的な企業を支持。特に新興国でその傾向が顕著に

Facebook Twitter Google+

 世界の消費者の多くは、社会・環境問題の解決に取り組む個人的な責任を感じており、それを共に実現してくれる企業を支援したいと考えている。こう裏付ける調査結果が、マーケティング会社のCone Communicationsおよび調査会社Ebiquityによる2015年度の消費者向けCSR意識調査"2015 Cone Communications/Ebiquity Global CSR Study"と題した報告書でまとめられた。  2011年 [...]

» 続きを読む

【国際】サステナビリティ・リーダーに最も必要なのは「価値基準」

Facebook Twitter Google+

 サステナビリティリサーチGlobeScanおよびサステナビリティコンサルティングのSustainAbilityは5月28日、企業、NGO、政府の各分野においてサステナビリティ・リーダーと認識されている組織について分析した調査報告書"The full 2015 Sustainability Leaders report"を公表した。世界82ヶ国、800名以上のサステナビリティ専門家らに対するアンケートに基づく調査結果によると、企業がサ [...]

» 続きを読む

【国際】エネルギー・トリレンマの重点は2020年までにサステナビリティに移行。PwC調査

Facebook Twitter Google+

 グローバルコンサルティングファームのPwCは5月20日、電力・エネルギー企業を対象とする意識調査"A different energy future"を公表した。同調査では、今年の12月に開催予定の国連気候変動パリ会議(COP21)における国際的な合意により、エネルギー業界の関心は今後5年間で再生可能エネルギー、クリーンテクノロジーといったサステナビリティ分野にシフトするとしている。  同調査は「安定供給」「コスト」「サステナビリテ [...]

» 続きを読む

【国際】エネルギー大手32社で世界の温室効果ガスの31%を排出。トムソン・ロイター調査

Facebook Twitter Google+

 米情報提供大手のトムソン・ロイターは5月20日、世界のエネルギー業界の温室効果ガス排出量に関する調査報告書、"Global 500 Greenhouse Gas Report: The Fossil Fuel Energy Sector"を公表し、世界の大手エネルギー会社32社の温室効果ガス排出量が、世界全体の排出量の31%を占めていることを明らかにした。  同報告書は、サステナビリティコンサルティング会社のBSDコンサルティング社 [...]

» 続きを読む

【国際】WRI、世界初となるEDI(環境民主主義指標)を公表

Facebook Twitter Google+

 WRI(World Resources Institute、世界資源研究所)と、環境活動への市民参加を促進するThe Access Initiativeは5月20日、世界初となるEDI(Environmental Democracy Index:環境民主主義指標)を発表した。同指標は世界70カ国における環境に関する政治的意思決定の透明性や説明責任などを世界140名以上の弁護士や専門家の協力のもとで評価、格付けしたものだ。  EDIは [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る