【アメリカ】リーバイス、古着リサイクルの取り組みを米国内の全店舗に拡大 2015/08/13 最新ニュース

shutterstock_147362897

 米ジーンズメーカー大手のLevi Strauss & Co(以下、リーバイス)は7月21日、それまで米国の一部店舗で進めてきた使用済み自社製品の回収、リサイクルの取り組みを米国内の全店舗に拡大すると発表した。リーバイスの服や靴を最寄りの店舗(直営店およびアウトレット店)の回収ボックスに持ち込むと、定価の商品1点が20%オフになるクーポンをもらえる仕組みだ。

 この取り組みと連動して、米国内の全てのリーバイス直営店では8月28日まで毎週金曜に、女性対象にFriday Fashion Exchangeというイベントを開催。イベント当日に、リサイクル対象の服や靴を持参した女性は全員、新しいコレクションを購入する際に10ドル引きされる。

 米国では缶やペットボトルのリサイクルは進んでいるものの、多くの人が服を捨てている。実際、米国人は年間280億ポンド(約127億キログラム)分もの不要になった服や靴を処分しており、そのうち15%がチャリティ関係の団体などによるリサイクルに出され、残り85%(240億ポンド=約109億キログラム)はゴミ処理場行きになっている。

 同社のサステナビリティ担当副社長を務めるMichael Kobo氏は、服のゴミ問題に一石を投じる今回の取り組みについて「我々はビジネスのあらゆる側面からサステナビリティを検討し、どうすれば消費者行動を変え、服のリサイクルを社会基準にできるか考えている。業界のリーダーとして、我々は購入後など我々が直接手を出せない部分も含めた全ての段階における自社製品のライフサイクルを見なければならない。店舗での古着の回収は、我々の『環境によいことをする』というコミットメントの一部を消費者に担っていただくためのシンプルで簡単な方法だ」と語る。

 リーバイスはこれまでにもゴミを出さないものづくりを目指して、10億リットルの水使用量削減、100%リサイクル可能なジーンズの開発など様々な取り組みを行ってきた。今回のリサイクルプログラムの拡大は同社の取り組みを更に強化するものとなる。

【参照リリース】LEVISTRAUSS & CO. EXPANDS CLOTHING RECYCLING INITIATIVE TO ALL U.S.
【企業サイト】Levi Strauss & Co

(※写真提供:Northfoto / Shutterstock.com

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る