【カナダ】アルバータ州政府、石炭火力発電所停止を電力会社3社との間で合意 2016/12/11 最新ニュース

alberta

 カナダのアルバータ州政府は11月24日、同州に石炭火力発電所を有する電力会社Capital Power Corp、TransAlta、ATCOの3社との間で、石炭火力発電所を早期停止させるとともに、その補償として来年から2030年まで毎年9,700万カナダドル(約83億円)を支払うことで合意に至ったと発表した。これにより、同州で現在稼働中の石炭火力発電所18基のうち6基が早期に停止することが決まった。

 アルバート州政府は昨年、気候変動対策として、同州内で稼働する全ての石炭火力発電所に対し、2030年までの運転停止もしくは天然ガス火力発電所へ転換を義務化した。電力会社はこれに一斉に反発し裁判所へ提訴。アルバート州政府は、根気強く説得を続け、今回3社との間で補償金額と訴訟の取り下げで合意に達した。同州にはこれ以外にも他の電力会社が運営する石炭火力発電所が12基あるが、政府は交渉を続けている。

 アルバート州は補償金額の財源として、州政府として新たに導入した炭素税(カーボンプライシング)を活用する方針。

【参照ページ】Alberta to pay three power companies $1.36 billion to shut their coal-fired plants early
【政府サイト】Phasing out coal pollution

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る