Sustainable Japan QUICK ESG研究所

【アメリカ】ロックフェラー財団、英オックスフォード大に地球環境のための経済会議を設立 2017/03/10 最新ニュース

 米ロックフェラー財団は2月23日、「地球の健全さに関する経済会議(Rockefeller Foundation Economic Council on Planetary Health)」を英オックスフォード大学マーティンスクール内に設置したと発表した。オックスフォード大学マーティンスクールは、同大学の中でサステナビリティに関する研究を行う部門。同会議は、経済や環境、医療に関する専門家を委員として招集し、今後1年半かけて自然環境保全が人類の健康に資するという経済的なデータ分析を行い、政府関係者や世界のリーダーたちに対して環境保護を訴えていく。

 環境悪化が健康に悪影響を与えている例として、大気汚染が挙げられる。世界保健機関(WHO)によるち、化石燃料の不完全燃焼による有害ガスにより、世界で約430万人が死亡している。

 会議委員には9人が選ばれた。

  • スコット・バレット(コロンビア大学国際公共政策大学院教授)
  • グロ・ハーレム・ブルントラント(元ノルウェー首相、WHO事務局長)
  • ルイサ・ディオゴ(元モザンビーク首相)
  • クリスティーナ・フィゲレス(元国連気候変動枠組条約局長)
  • アンドリュー・ヘインズ卿(元ロンドン衛生熱帯医学大学院理事、ロックフェラー財団・ランセット委員会会長)
  • ジェイコブ・ルー(元米国財務長官)
  • カルロス・ノブレ(元ブラジル科学技術イノベーション省R&D政策セクレタリー)
  • ニコラス・スターン男爵(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)教授)
  • マーク・ターセク(The Nature Conservancy CEO)

【参照ページ】The Rockefeller Foundation Launches Economic Council Focused on Planetary Health

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る