【日本】東京2020オリパラ委員会とILO、ディーセント・ワーク実現に向け提携 2017/05/24 最新ニュース

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と国際労働機関(ILO)は5月12日、2020年東京オリンピック・パラリンピックでディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を実現してくことを目指すパートナーシップを締結した。ILOと歴代のオリンピック・パラリンピック事務局がパートナーシップを結ぶのは東京2020が初。ILOのガイ・ライダー事務局長が訪日した際に、正式に覚書(MOU)を結ぶ。

 今回のパートナーシップの内容は、オリンピック・パラリンピックの運営全てにおいて、ILOが推進している「多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言」を適用していくというもの。「多国籍企業及び社会政策に関する原則の三者宣言」は2017年3月に第5版が制定されており、雇用、トレーニング、雇用条件など、多国籍企業や政府などが遵守すべき雇用慣行が記載されている。「ディーセント・ワーク」の概念は、オリンピック・パラリンピック運営に関連する企業の従業員だけでなく、ボランティア、契約社員など全ての労働者に適用される。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会とILOは、テクニカルセミナーやシンポジウムも開催していく。

 また、ILOは、国連持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指し、「ディーセント・ワーク・アジェンダ」として、雇用開発、労働権の保証、社会保護の拡大、社会的ダイアログの促進の4つの柱を掲げている。今回のパートナーシップでは、こららの点についても、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に要求していくことになる。

【参照ページ】Tokyo 2020 and the ILO agree unique partnership to promote Decent Work

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る