【フランス】マクロン大統領、米トランプ政権政策を否定するウェブサイト開設 2017/06/30 最新ニュース

 フランスのマクロン大統領は6月8日、新たなウェブサイト「Make Our Planet Great Again」を開設した。米トランプ大統領のキャッチフレーズである「Make America Great Again」を揶揄し、同大統領のパリ協定離脱や移民政策を否定した。フランス語を重視するフランスで、大統領が英語のみのサイトを開設するのは極めて珍しい。

 同ウェブサイトを開くと、英語で「Make Our Planet Great Again」と書かれた巨大な文字が目に飛び込んでくる。その他ウェブサイトには、地球社会の課題に取り組む人をフランスは歓迎することを強調するとともに、気候変動問題に関心のある海外の研究者、エンジニア、起業家をフランスに対しフランスに来ることを呼びかけている。

 その後の6月11日と6月18日に行われたフランス総選挙では、マクロン大統領の新党「共和国前進」(LREM)が議席の6割を占める大勝利を収めており、盤石な政権基盤を手に入れている。

【ウェブサイト】Make Our Planet Great Again

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る