【国際】BASFとKaiima Bio-Agritech、非遺伝子組換え型の除草剤耐性品種の開発で協働 2017/08/01 最新ニュース

 化学世界大手独BASFとイスラエルの遺伝子技術開発Kaiima Bio-Agritechは7月17日、遺伝子組換えを伴わない(Non-GMO)除草剤耐性品種の研究分野でのコラボレーションを発表した。今後数年かけて開発を目指す。

 農業生産性の向上は世界の人類増加の前に欠かせないと言われている。従来は、除草剤と遺伝子組換えを伴う除草剤耐品種の組み合わせが、農業生産性の主流となっていたが、一方で遺伝子組換え品種に対するリスクを懸念する声も社会から出始めている。今回BASFとKaiima Bio-Agritechは、遺伝子組換えを伴わない除草剤耐品種の開発に乗り出す点が画期的。

 同コラボレーションは、Kaiima Bio-Agritechが独自に開発した非遺伝子組換え育種法/倍数生育種技術「EPTMテクノロジー」を基盤とする。EPTMテクノロジーは、従来の突然変異を誘発するアプローチでは達成不可能であった遺伝子重複や遺伝子転座といった遺伝子の変異を可能にする技術で、主要な穀物や植物で利用可能。Kaiima Bio-Agritechはこの技術を用いて、除草剤耐性という新たな形質を得るために必要な遺伝子の変異を発見する。

 一方BASFは、農薬の主要メーカーとして、除草剤の応用研究や処方、精査に関する知見を提供していく。

【参照ページ】BASF and Kaiima announce collaboration to identify novel herbicide resistance traits using the EP™ technology platform

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る