private 【国際】BASF、素材リサイクル、農業と鉱物でのサステナビリティで次々と先手。世界をリード

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは6月21日、同社ポリエチレンおよびポリアミド6製の多層フィルムのリサイクル性を独研究機関Institut cyclos-HTPが認定したと発表した。同製品が、ポリエチレンの標準リサイクルフロー上でリサイクルできることが確認された。  今回のリサイクル性検証は、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】リサイクル促進のデジタル・ウォーターマーク機関HolyGrail 2.0。BASFも加盟

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは5月4日、欧州ブランド協会(AIM)が運営するリサイクル分類のデジタル透かし(デジタル・ウォーターマーク)イニシアチブ「HolyGrail 2.0」に加盟したと発表した。HolyGrail 2.0は、バリューチェーン全体でのサーキュラーエコノミー化を進めるため、共通の透かし表示を検討している。  AIMには、 (さらに…)

» 続きを読む

【ドイツ】BASF、ウジン・ウッツ・グループへのバイオプラ素材提供。CO2年間3000t削減

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは5月26日、独フローリング材大手ウジン・ウッツ・グループに対し、マスバランス・アプローチでのバイオ原料供給を開始すると発表。石油由来の原料消費を減らすことで、二酸化炭素排出量を年間3,000t削減できる見込み。  ウジン・ウッツ・グループは、素材をBASFから購入しており、今回素材原料に占めるバイオマスの割合を高める。マスバランスでは、第三者保証も取得。まず、ポリ塩化ビニル(PVC)カバーやゴム、繊維、リノリ [...]

» 続きを読む

private 【日本】BASF、ケミカルリサイクル事業の日本市場戦略で三井化学と協業検討開始

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFの日本子会社BASFジャパンと三井化学6月1日は、ケミカルリサイクル技術での協業検討を発表した。三井化学は、ケミカルリサイクルで世界屈指の技術力を持つBASFと連携することで、日本市場でのケミカルリサイクル事業の拡大を目指す模様。  BASFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BASFとRWE、洋上風力での電気加熱式化学工場の実現で提携。中国では正極活物質生産で合弁

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFと独電力大手RWEは5月21日、2GWの洋上風力発電所を建設し、ドイツ・ルートウィヒスハーフェンのBASF工場へ電力とグリーン水素を供給するプロジェクト構想を発表した。現在化石燃料で賄っている化学工場の熱エネルギーを電気で代替する。  BASFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BASFとLanzaTech、製鉄オフガスからn-オクタノール生成に成功。カーボンリサイクル

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFと米カーボンリサイクルLanzaTechは5月11日、サウスフロリダ大学レイモン・ゴンザレス教授開発のバイオ技術を活用し、製鉄所等でオフガスとして排出される一酸化炭素や水素から、n-オクタノールを生成することに成功したと発表した。n-オクタノールは、化粧品等で使われる重要な分子。  化石燃料処理工程で排出されるオフガスは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ヨーロッパ】BASF、Quantafuel、REMONDISら、廃プラのケミカルリサイクルで協働

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASF、ノルウェー廃棄プラスチック熱分解油精製Quantafuel、リサイクル世界大手独REMONDISの3社は4月21日、ケミカルリサイクル技術での協働や廃棄プラスチックの熱分解プラントへの共同出資に関する覚書(MOU)を締結した。  今回の3社提携では、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【ドイツ】BASF、2050年カーボンニュートラル目標。エネルギー転換やサーキュラーエコノミー化の技術リード

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASFは3月26日、スコープ1とスコープ2での2050年までの二酸化炭素ネット排出量ゼロ(カーボンニュートラル)目標を発表した。中間目標として2030年までに総量で2018年比25%削減を目標として設定した。実現に向け、2030年までに40億ユーロ(約5,200億円)を投資する。  BASFは、 (さらに…)

» 続きを読む

private 【国際】BASF、SABIC、リンデ、ナフサクラッカーの熱を再エネ電力調達する実証で提携

Facebook Twitter Google+

 化学世界大手独BASF、サウジアラビア基礎産業公社(SABIC)、英リンデの3社は3月24日、ナフサクラッカー(ナフサ分解装置)の熱を電動化するソリューションを共同実証するプロジェクトを発表した。すでに3社は、天然ガスを用いた工業熱ではなく、再生可能エネルギー電力で熱エネルギーを得る技術をコンセプトレベルで共同開発しており、二酸化炭素排出量を最大90%削減できるとみている。  ナフサクラッカーは、 (さらに…)

» 続きを読む
ページ上部へ戻る