【イギリス】マイクロビーズ入り商品製造を禁止する法律が施行。2018年7月からは販売も禁止 2018/01/14 最新ニュース

 英環境・食糧・農村省は1月9日、プラスチック微粒子「マイクロビーズ」を含む商品の製造を禁止する法律が同日施行されたと発表した。マイクロビーズは、直径5mm以下で人体の洗浄等を目的とする固体プラスチック粒子。化粧品、歯磨粉、角質除去用の洗顔料等の日用品に含まれている。非常に小さな微粒子のため生態系被害をもたらしたり、人体への悪影響の可能性も指摘されている。英政府は2016年9月、マイクロビーズの製造・販売を禁止する方針を発表していた。

【参考】【イギリス】英国政府、プラスチック粒子「マイクロビーズ」の使用禁止政策を発表(2016年9月19日)

 マイクロビーズによる水系汚染については、環境NGOのFauna & Flora InternationalやMarine Conservation Societyが指摘。前レッドサム環境・食糧・農村大臣時代の2016年9月に方針を発表していた。その後、2017年7月に新たに大臣となったマイケル・ゴーヴ氏のもとで、同政策は協力に推し進めることになり、2017年9月に法案公表、2017年12月に英上下院で可決、2018年1月9日に施行という電撃的展開となった。さらに、2018年7月からは、マイクロビーズを含む商品の「販売」も禁止される。

 マイクロビーズの使用禁止では、世界で米国が先行。前オバマ政権時代の2015年末に「Microbead-Free Waters Act of 2015」が成立し、2017年1月からマイクロビーズを含むリンスオフ(洗い流す)化粧品の製造が、2018年1月からは販売も禁止された。さらに、マイクロビーズを含むスキンケア大衆医薬品についても、2018年7月からは製造が、2019年7月からは販売も禁止される。

【参照ページ】World-leading microbeads ban takes effect

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る