【イギリス】英国政府、プラスチック粒子「マイクロビーズ」の使用禁止政策を発表 2016/09/19 最新ニュース

microbead

 イギリス政府は9月3日、化粧品やボディケア用品などへのプラスチック微粒子「マイクロビーズ」の使用を2017年末までの間に禁止する政策を発表した。レッドサム環境・食糧・農村地域大臣は今年中に政策の具体策の検討を開始するとしている。マイクロビーズは、化粧品、歯磨粉、角質除去用の洗顔料など日用品に含まれている。英国環境委員会の報告によると、非常に小さな微粒子のため自然の生態系に入り込みやすく、食物連鎖によって生体濃縮され、すでに280種以上の海洋生物が体内に溜め込み被害が出てているという。詳細なメカニズムについてはまだ不明な点が多く、現在までのところ人間への害はまだ報告されていないが、人体への影響についても危惧されている。

 マイクロビーズの問題は欧米では昨今大きくクローズアップされており、すでに米国は昨年、2017年年中にマイクロビーズの使用を禁止する法律が制定されている。EUの欧州委員会もEUに加盟する全て国でのマイクロビーズ使用を禁止する法整備を進めている。企業でも多くの消費財メーカーが段階的に2020年までにマイクロビーズの使用を中止することを自主的に決めており、ジョンソン・エンド・ジョンソンやP&Aは2017年までに使用を中止することを発表していた。

 BBCの報道によると、商品にマイクロビーズが含まれているか否かを確認する方法が2つある。1つは、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリメタクリル酸メチル、ナイロン、PET、PTFE、PMMAなど特定の単語が成分表に含まれているかを確認すること。もう1つは、”Beat the Microbead”などマイクロビーズの禁止を呼びかけるウェブサイトで確認する方法。バーコードをスキャンするだけでマイクロビーズの有無を調べることができるスマートフォンアプリケーションなども誕生している。

【参考ページ】Plastic microbeads to be banned by 2017, UK government pledges
【参照ページ】UK government to ban microbeads from cosmetics by end of 2017
【参照ページ】US to ban soaps and other products containing microbeads

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る