【オーストラリア】カンタス航空、米豪間長距離国際線でバイオジェット燃料混合飛行を成功 2018/02/04 最新ニュース

 豪航空大手カンタス航空は1月30日、米豪間直行便で初のバイオジェット燃料利用フライトを成功させた。豪メルボルンー米ロスアンゼルス間(15時間)QF96便で、アビシニアガラシ(エチオピアンマスタード)由来のバイオジェット燃料を10%(2.4t)混合した。二酸化炭素排出量を1.8t削減。通常便の7%に相当する。機体はボーイング787-9ドリームライナー。

 カンタス航空は、2012年からジェットスターとの提携で、シドニーーアデレード間国内線A330便と、メルボルンーホバート間国内線A320便で、使用済み調理油由来のバイオジェット燃料を50%混合している。同社は2017年、オーストラリア農家と協働し、2020年までに民間航空用バイオジェット燃料用の国際農作物品種を育成することを掲げた。

 今回利用のバイオジェット燃料を開発・製造したのは、カナダAgrisoma Biosciences。同社のバイオ・ジェット燃料技術は、様々な原料に応用可能で、クイーンズランド大学がガットン、クイーンズランド、ボーダーズタウン、南オーストラリアで行った実験では、オーストラリアの気候にも適していることが確認されている。

 バイオジェット燃料原料は、休耕地でも生産可能。輪作や区切り農法により、土壌状態を向上しながら、農家に新たな収入源を与える。例えば、エチオピアンマスタードは、1ヘクタールあたり2klの油成分を抽出できる。そこから1,400lのバイオディーゼル、400lのバイオジェット燃料、200lの副産物が生成できる。

【参照ページ】WORLD FIRST US-AUSTRALIA BIOFUEL FLIGHT TAKES OFF

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る