【国際】RepRisk「世界で最も物議を醸したプロジェクト2017」発表。労災や環境破壊等上位 2018/03/28 最新ニュース

 ESGリスク情報提供世界大手スイスRepRiskは3月22日、2017年の「世界で最も物議を醸したプロジェクト(Most Controversial Projects)報告書」を発行した。RepRiskは、同様の報告書として「世界で最も物議を醸した企業(Most Controversial Companies)報告書」も毎年発行しているが、今回発行のものは「プロジェクト」についてまとめたもので今年が5回目の発行。

 同報告書は、上場・非上場含む世界の主要企業10万社とプロジェクト25,000件の情報を網羅した同社の「ESGリスクプラットフォーム」に基づいて、リスク値を計測している。このプラットフォームには、メディア、オンラインメディア、ソーシャルメディア、第三者団体等から発行された報告書、ステークホルダー、NGO、政府機関、規制機関、シンクタンク、ニュースレター等の公開情報を16言語で毎日収集している。

 リスクはゼロ(リスクが最も低い)から100(リスクが最も高い)で得点付けされ、特に75から100の値はリスクが非常に高い。

ランキング プロジェクト名 リスク値 業界 内容
1 グレンフェル・タワー 93 英国 建設 違法修繕大規模火災
2 Ctrip Day Care Center 73 中国 サポートサービス 託児所での幼児虐待
3 福遠漁冷999(Fu Yuan Yu Leng 999) 72 中国 漁業 禁漁区での大規模漁業
4 Brook House Immigration Removal Centre 68 英国 移民管理センター 人権侵害
5 ノルド・ストリーム2・ガス・パイプライン 61 ドイツ・ロシア 石油ガス 環境保護区での環境破壊
6 Jalabiya Cement Works 59 シリア 建設 イスラム国支援と人道の罪
7 OPL 245 Oil Block 59 ナイジェリア 石油ガス 汚職関与
8 昌原金海造船所 58 韓国 造船 安全措置違反による事故
9 広州第七火力発電所 57 中国 電力 安全措置違反による事故
10 インペリアル・パシフィック・リゾートホテル 57 米国 旅行 安全措置違反による事故

  今回リストアップされたプロジェクト10件については、違法な労働者保護欠如による労災や、環境破壊、汚職に関するものが多い。

【報告書】Most Controversial Projects of 2017

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る