【台湾】サステナビリティレポートでSDGsに言及する企業が急増。CSRone報告書 2018/05/14 最新ニュース

 台湾マーケティングVeda Internationalのサステナビリティ推進イニシアチブ「CSRone」は5月3日、台湾企業のサステナビリティ取組状況をまとめた報告書「2018年台湾永続報告現況與趨勢」を公表した。大手企業515社のCSRレポートを分析した。CSRoneは、企業CEOの社会価値推進ネットワークCECP(The CEO Force For Good)と業務提携を結んでおり、台湾での活動代表となっている。

 報告書によると、 2017年は前年と比べ、台湾企業のCSRへの関心、特に国連持続可能な開発目標(SDGs)に関する取組が増加。515社のうち143社がSDGsに言及し、前年の40社を大きく上回った。とりわけハイテク企業ほどSDGsに言及することが多く、全体ではSDGs言及率が28%だったのに対し、ハイテク業界では32%だった。

 企業が言及したSDGs目標は、目標8「働きがい・経済成長」が最多。次いで、目標13「気候変動」、目標12「持続可能な消費と生産」、目標3「健康とウェルビーイング」、目標4「教育」の順。台湾の主要産業である電気電子、サービス、製造、金融に絞ったランキングでは、目標13「気候変動」、目標12「持続可能な消費と生産」が1位と2位だった。

【参照ページ】How Taiwanese Companies are Responding to the Sustainable Development Goals
【参照ページ】2018年台灣永續報告現況與趨勢

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る