【国際】機関投資家101機関、人権分野の集団的エンゲージメントIAHR発足。運用資産2兆米ドル 2018/06/01 最新ニュース

 機関投資家101機関(運用資産総額2兆米ドル)は5月24日、人権分野の新たなイニシアチブ「Investor Alliance for Human Rights(IAHR)」を発足した。企業、政府、国際機関等に対し、人権問題に対する集団的エンゲージメントを実施していく。IAHRの本部は米ニューヨーク。

 今回のイニシアチブは、米ブルームバーグが主催したイベントで発足。宗教財団機関投資家が加盟する全米機関ICCR(Interfaith Center on Corporate Responsibility)が全体を主導する。イニシアチブに参加したのは、ニューヨーク州退職年金基金、APGアセット・マネジメント、AVIVA Investors、ボストンコモン・アセット・マネジメント、カルバート、ドミニ・インパクト・インベストメント、NNインベストメント・パートナーズ、Robeco、トリリウム・アセット・マネジメント等。

 今後、国連ビジネスと人権に関する指導原則をコーポレート・ガバナンスの中核に据えるよう訴えかけていく。

【参照ページ】Global Investor Alliance for Human Rights Launches today
【機関サイト】IAHR

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る