【国際】UNEP、使い捨てプラスチック問題と対策に関する報告書発表 2018/06/13 最新ニュース

 国連環境計画(UNEP)は6月5日、使い捨てプラスチック用品の問題と対策をまとめた報告書「Single-use Plastics: A roadmap for Sustainability」を発表した。同報告書作成では、インド政府も協力し、発表イベントはモディ首相も主催者として参加した。

 同報告書は、各国でプラスチックごみ対策が進展しており、規制の範囲や速度が高まっていると指摘。60カ国以上の取組をケーススタディとしてまとめた。プラスチック用品の生産国として、中国、韓国、日本、台湾に集中していると分析。一方、使い捨てプラスチック回収では、法規制がない中で自主的に回収が進んでいる日本を好事例として紹介した。

 対策面では、適切なごみ処理、代替素材の使用、消費者の啓蒙、自主的な使用量削減の促進、効果的な法規制や課税等を挙げた。その中で、最も効果的なのは、法規制や課税だと分析。しかしながら、企業やNGO等を巻き込んだ幅広い取組がさらに重要となると強調した。サーキュラー・エコノミーを推進するための責任やインセンティブ付けを工夫する必要があるとも述べた。

【参照ページ】New report offers global outlook on efforts to beat plastic pollution

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る