【シンガポール】通貨金融庁、アジア地域のグリーンボンド市場活性化でIFCと提携 2018/06/14 最新ニュース

 シンガポール通貨金融庁(MAS)は6月7日、アジア地域のグリーンボンド市場の活性化に向け、国際金融公社(IFC)と提携した。アジアの金融機関に対し、グリーンファイナンスの専門的知見を普及させるとともに、国際的なグリーンボンド基準の浸透させていく。

 シンガポールは、自国の金融市場の国際的なプレゼンス向上に向け、グリーンファイナンス分野に着目している。

【参照ページ】IFC and MAS Partner to Accelerate Growth of Green Bond Asset Class in Asia

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る