【国際】米スターバックス、2020年までに世界全体で使い捨てプラスチック製ストロー廃止 2018/07/11 最新ニュース

 コーヒーチェーン世界大手米スターバックスは7月9日、世界28,000以上の店舗で使い捨てプラスチック製ストローの2020年までに廃止すると発表した。替わりにストローが不要な飲料カップのフタを展開するとともに、紙製や堆肥化可能プラスチック素材を原料とするストローも投入する。同施策の対象は、直営店だけでなく、フランチャイズ店舗も対象となる。

 今後の予定では、アイスコーヒーとアイスティーについては、使い捨てプラスチック製ストローが不要なフタを標準仕様としていく。そのフタは、現在すでに米国とカナダの8,000以上の店舗にて、「Starbucks Draft Nitro」「Cold Foam」等の商品で導入されている。また、

 フラペチーノについては、紙製ストローや堆肥化可能プラスチック製ストローを投入する予定。また、アイスコーヒーやアイスティーでも顧客がストローを希望する場合には、同様のストローを提供する。

 ストロー不要のフタの全面投入は、まず米シアトルとカナダ・バンクーバーで今年秋から始まる予定で、2019年度中に北米とカナダ全土に拡大する。その後、フランス、オランダ、英国の一部店舗で始まる。英国の950店舗では、廃棄物を削減するため、紙カップに対して5ペンス(約7.5円)の課金も開始する。

 スターバックスは、ホットドリンクのカップでも、サーキュラーエコノミーを推進するため、リサイクル可能または堆肥化可能なカップに切り替えるため、1,000億米ドル(約11億円)投資することを宣言しており、リサイクルコンサルティングClosed Loop Partnersと協働している。

【参照ページ】Starbucks to Eliminate Plastic Straws Globally by 2020

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る