【国際】パーム油関連企業5社、ブロックチェーン活用のサプライチェーンツール開発着手。花王、SAPも参加 2018/09/18 最新ニュース

 パーム油関連企業、小売企業、IT企業5社は9月7日、パーム油のサプライチェーンを透明化するためブロックチェーン技術を活用する新たなイニシアチブ「SUSTAIN(Sustainability Assurance & Innovation Alliance)」を発足した。参加した企業は、インドネシア・パーム油大手Apical、インドネシア・パーム油大手Asian Agri、フィンランド・バイオディーゼル大手Neste、消費財大手花王、IT大手独SAP。NGOのProforest and Daemeterがコーディネーターを務める。SUSTAINは他の企業にも参加を呼びかけた。

 ブロックチェーン技術は、ブロックチェーン・プラットフォーム構築で世界の先陣を切るSAPが提供する。SUSTAINは、関係者が幅広くダウンロードして活用できるツールを開発する計画。

【参照ページ】New Palm Oil Alliance ‘SUSTAIN’ Initiates Blockchain Solution to Drive Sustainable Practices Across the Supply Chain

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る