private 【国際】SAP、eBay、ロレアル、サンズ、新型コロナで各々関係者への支援発表。新たな事業開発も

Facebook Twitter Google+

 新型コロナウイルスで業績が低迷する中、大企業は関係者への支援策を相次いで発表している。事業開発に繋げるケースや、事業リソースの稼働率を上げたり、関係者との信頼関係を厚くしにいくアクションが目立つ。  IT世界大手独SAPは4月2日、資金とスキルの両面で、新型コロナウイルスへの対策が必要な分野への協力を発表した。資金面では、世界保健機関(WHO)、CDC財団、及び他のNGOや社会企業に対し、総額300万ユーロ(約3.6億円)を寄付する [...]

» 続きを読む

private 【国際】独SAP、企業用ツールを一部無料開放。新型コロナウイルス特需を考慮

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは3月10日、新型コロナウイルスへの影響を考慮し、同社の企業用ツールの一部を無料開放すると発表した。IT大手では、新型コロナウイルスで特需として発生したニーズを取り込むため、無料の試用期間を設定する企業が増えている。  今回無料開放するツールは、 (さらに…)

» 続きを読む

【ドイツ】SAP、プラスチック・サーキュラーエコノミー化でGRAPとCE100に加盟。2030年ビジョンも発表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手ドイツSAPは1月21日、世界経済フォーラム(WEF)のイニシアチブ「Global Plastic Action Partnership(GRAP)」に参画すると発表した。同イニシアチブは、海洋プラスチック汚染のためのサーキューラー・プラスチック・エコノミーの構築を目指している。1月22日には、同社のクリスチャン・クライン共同CEOが、ダボス会議の場で、2030年までにクリーンな海洋の実現を目指すビジョンも表明した。   [...]

» 続きを読む

private 【ドイツ】SAP、AI倫理活用ガイドライン制定から1年間振り返り。サービス運営での検討深化

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは12月16日、2019年を人工知能(AI)の倫理的活用について学んだ1年と位置づけ、現在の考えをまとめた。同社は2018年、欧州企業として初となるAIの倫理的活用に関するガイドラインを発表。人間中心のAIを開発し、透明性やデータの安全性を担保すると宣言している。 【参考】【ドイツ】SAP、AI開発で指導原則策定。社内と社外の各委員会も設置しガバナンスも強化(2018年9月24日)  SAPは、マイクロソフトやI [...]

» 続きを読む

【国際】赤十字国際委員会、SAPの人材マネジメントツール「SuccessFactors」採用。グローバル化強化

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは8月27日、赤十字国際委員会(ICRC)がSAPの人材マネジメントツール「SAP SuccessFactors」を採用したと発表した。ICRCには世界的にオフィスがあり、グローバル人事マネジメントを強化する。  同ツールでは、人材要件を見定め、人材採用、人事評価、ミッション設定に活かし、社会危機に対応する赤十字のアクションを支えることになるという。 【参照ページ】International Committee [...]

» 続きを読む

private 【国際】ドイツ・スイス・韓国7社、「バリュー・バランシング・アライアンス」発足。企業の価値測定手法開発

Facebook Twitter Google+

 ドイツ、スイス、韓国の大手企業7社は8月19日、企業の長期価値を測定する新たな体系的概念「バリュー・バランシング・モデル」の構築を目指し、NGO「バリュー・バランシング・アライアンス」を発足した。発足メンバーは、独BASF、独ドイツ銀行、独SAP、独ボッシュ、スイスのノバルティス、スイスのラファージュホルシム、韓国のSK。  今回のアライアンスは、 (さらに…)

» 続きを読む

【国際】グローバル企業20社、若者スキル教育支援「Global Alliance for YOUth」発足。600万人にインパクト

Facebook Twitter Google+

 グローバル企業20社は1月24日、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)の場で、世界中の若者に必要なスキルを提供する新たなイニシアチブ「Global Alliance for YOUth」を発足した。今日、世界には失業者が1億9,000万人以上おり、そのうち7,000万人が若者。今回のイニシアチブでは、2022年までに若者600万人にインパクトを起こすことを目指す。  発足メンバーとなった企業は、ネスレ、マイクロソフト、フェイスブ [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SAP、米国製薬企業向けにブロックチェーン技術を用いた返品処理システム発表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは1月16日、米国の製薬企業向けにブロックチェーン技術を活用した返品プラットフォーム「SAP Information Collaboration Hub for Life Sciences」のリリースを発表した。  今回のプラットフォームでは、米国の法令に則った販売済未利用製品の返品を可能としたもの。米国では、病院や薬局から医薬品卸売企業への未利用品返品が年間で70億米ドルほど発生しているが、米国医薬品サプライチ [...]

» 続きを読む

【国際】SAPやBDEW、エネルギー業界でのブロックチェーン技術活用に関するレポート発表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは1月9日、ドイツ連邦エネルギー・水道事業連合会(BDEW)、フレゼニウス大学と共同で、エネルギー業界でのブロックチェーン技術活用の動向をまとめたレポートを発表した。  同レポートのよると、ブロックチェーン技術は、電気自動車(EV)充電ステーション、エネルギー商品認証、個人間エネルギー取引等、様々な用途での検討が進んでいる。  SAPは、ブロックチェーン技術の優れた活用法を見出していくためにも、何らかの方法で実際 [...]

» 続きを読む

【国際】SDGs企業ボランティア推進Impact2030、2018年度の優秀企業発表。SAP、TCS等

Facebook Twitter Google+

 国連持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けボランティア活動を推進する企業の国際業界団体Imapct2030は9月26日、2018年の優秀企業表彰「IMPACT2030 Innovation Awards」の受賞企業を発表した。Impact2030は、2年毎に総会を開催し、同賞を発表している。  Impact2030に資金拠出している創設メンバーは、グーグル、IBM、SAP、タタ・コンサルタンシー・サービシズ(TCS)、シェブロン、 [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る