【フランス】グーグル、SAP、トヨタ自動車、フランスへの大規模投資計画を発表

Facebook Twitter Google+

   仏マクロン大統領は1月22日、ヴェルサイユ宮殿にグローバル企業140社のトップを招き、フランスへの投資促進会合を開いた。会合のスローガンは「Choose France」。ビジネス振興政策を打ち出すマクロン大統領の出現により、フランスでは現在、ITベンチャー企業が興隆してきている。同会合では、複数のグローバル企業が大規模なフランスへの投資を表明した。  米グーグルは、チューリヒに次ぎ欧州2番目となる人工知能センターを数週間以内にパ [...]

» 続きを読む

【ドイツ】SAP、ブロックチェーン技術を使った災害時救援物資マッチングシステムのデモ版公開

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手独SAPは10月31日、災害時の効率的な人道支援を可能にするブロックチェーン技術を活用したアプリのデモ版を開発した。人道支援の際に、各方面から集まる救援物資を必要な場所に必要な量届けられるようにする。  これまで災害時には、政府機関、企業、個人から物資が集まるものの、迅速に分配し、現地に届けることが困難だった。今回SAPが開発した技術では、物資提供者、政府、NGO、インフラ事業者、医療関係者、市民らが、簡単に物資の需要と [...]

» 続きを読む

【ドイツ】SAPと国連機関UNIDO、SDGsモニタリングのデータプラットフォーム開発で共同

Facebook Twitter Google+

 ソフトウェア世界大手独SAPと国連工業開発機関(UNIDO)は10月17日、国連持続可能な開発目標(SDGs)を推進する共同宣言に署名したと発表した。データ分析、報告、IoT、人工知能、ブロックチェーン等の革新的技術を活用し、工業化分野のSDGs実行状況モニタリングを実現するシステムを共同開発する。  UNIDOは1986年に設立された国連専門機関の一つ。発展途上国の工業化の促進と、国家間や地域間、産業内での工業開発・工業協力を促進 [...]

» 続きを読む

【国際】国連、女性活躍イニシアチブを2つ発足。テクノロジー分野ではソニー等企業も参加

Facebook Twitter Google+

 女性の地位向上分野の国連機関UN Womenは9月14日、テクノロジーやイノベーション領域での女性の活躍を推進するイニシアチブ「Global Innovation Coalition for Change(GICC)」を発足させた。同イニシアチブには、企業、教育機関、NGOなど22団体が参加。参加企業は、SAP、シスコ、デル、エリクソン、フェイスブック、LinkedIn、GE、ソニー、HP、ジョンソン・エンド・ジョンソン、スタトイル [...]

» 続きを読む

【ドイツ】SAP、2016年統合報告書発行。財務と非財務の業績関連性とマテリアリティ分析の詳細を公表

Facebook Twitter Google+

 IT世界大手SAPは2月28日、2016年の統合報告書を発行した。統合報告書には、非財務指標が財務業績に与える定量的なインパクトを公表するとともに、マテリアリティ分析の詳細プロセスも明らかにされている。国際統合報告評議会(IIRC)が定める統合報告フレームワークでは、財務と非財務の関連性やマテリアリティ分析が非常に重視されているが、今回SAPが公表した統合報告書はその面での好事例と言える。  今回発表された統合報告書には、非財務指標 [...]

» 続きを読む

【ランキング】BrandZ「最も価値のあるグローバルブランド トップ100」に学ぶ業界別の代表的サステナビリティ

Facebook Twitter Google+

 市場において競争に勝ち抜いていくための競争。マーケティングの権威と言われるマイケル・ポーター・ハーバードビジネススクール教授は、競争戦略の基本として、コストリーダーシップと差別化を提唱し、その概念は今や広くビジネス界に浸透しています。差別化とは、提供する財・サービスを他社のそれとにはない「付加価値」をつけるということ。企業が多種多様な「付加価値」を提供することで競争力を獲得しようとしています。この「付加価値」のあり方は様々です。価格 [...]

» 続きを読む
2015/06/18 体系的に学ぶ

【ドイツ】SAP、2014年度の統合報告書を公表。財務と非財務の関係性を定量化

Facebook Twitter Google+

 ソフトウェア大手のSAPは3月20日、2014年度の統合報告書を発表した。今回の統合報告書の特徴は、初めて従業員エンゲージメントおよび従業員の健康指標の変化が営業利益に与える影響について具体的な数値で示した点だ。  SAPが独自に構築したモデルに基づくと、同社では、従業員エンゲージメント指数が1%上がると営業利益は3500~4500万ユーロ増加し、ビジネスヘルスカルチャー指数が1%上がると、営業利益は6500~7500万ユーロ増加す [...]

» 続きを読む

【国際】GRI、サステナビリティ報告の未来を形作る”Reporting 2025″プロジェクトを始動

Facebook Twitter Google+

サステナビリティ報告に関する国際ガイドラインのGRI(Global Reporting Initiative)は1月9日、今後10年間におけるサステナビリティ報告・開示の将来の姿についての国際的な対話を促すためのプロジェクト、”Reporting 2025”を発足したと発表した。各業界のリーダーらへのインタビューを通じ、今後10年間で企業の事業課題や企業報告の中核にどんな課題が位置づけられるのかを特定していく。これらの内容は2015年 [...]

» 続きを読む

【アメリカ】SAPのサステナビリティ責任者が語る、統合報告とサステナビリティ戦略

Facebook Twitter Google+

今回ご紹介する動画は、今年の3月にカルフォルニアで開催されたWSJ ECO-nomicsカンファレンスでの一幕。サステナビリティ関連ニュースメディアTriplePundit.comの記者、Nick Aster氏による、SAPのCSO(Cheif Sustainability Officer:最高サステナビリティ責任者)兼副社長を務めるPeter Graf氏へのインタビュー動画だ。 SAPのサステナビリティを牽引するPeter Graf [...]

» 続きを読む
2014/08/31 最新ニュース

【アメリカ】SAP、クラウドを活用したドライバー向け給油ソリューションを発表

Facebook Twitter Google+

ドライブ旅行に行って、近くのガソリンスタンドを探すのに付近をぐるぐる回る。そんな経験をしたことがある方は少なくないはずだ。もし、素早く最寄りのガソリンスタンドを探すことができたなら、気持ちも安らぎ、時間も節約でき、さらに無駄なエネルギーを消費することもなくなる。米ITソリューション大手のSAP AGは7月1日、Toyota Info Technology Center USA、VeriFoneと共同でドライバーのガソリンスタンド探しを [...]

» 続きを読む
ページ上部へ戻る