【アメリカ】連邦最高裁、連邦政府が被告の気候変動裁判で、連邦政府の下級審差止請求を却下 2018/11/09 最新ニュース

 米連邦最高裁判所は11月2日、米NGOのOur Children’s TrustのJulia Olson理事兼法務責任者が米連邦政府を相手取り提訴した気候変動に関する憲法訴訟「Juliana対米連邦政府」で、米連邦政府が求めていた下級審差止請求を却下した。裁判官9人中7人が「正当な理由がない」と判断した。これにより連邦地方裁判所で裁判が開始されることになる。

 連邦政府の差止請求に賛成票を投じたのは、共和党ジョージ・W・ブッシュ大統領時代に任命され保守派で知られるクラレンス・トーマス判事と、ドナルド・トランプ大統領が指名したニール・ゴーサッチ判事。一方、同じくドナルド・トランプ大統領に指名されたブレット・カバノー判事や、他の共和党寄り
判事2人は反対側に回った。

 Juliana対米連邦政府訴訟は、11歳から22歳までの21人が原告。気候変動を引き起こすエネルギーシステムに加担する米連邦政府政策が、米連邦政府が保障する生存権、自由権、所有権を侵害していると主張し、科学的根拠に基づくエネルギー政策を要求している。

 今回、連邦最高裁判所は、下級審での裁判差止請求が認められる条件を2つ提示。一つが、5人の連邦最高裁判所裁判官が差止請求に「正当な見通しがある」と判断した場合。もう一つは、差止がなければ政府が不可逆的な損害を被ると判断される場合。今回、いずれの点でも条件を満たさないと判断された。

【参照ページ】United States Supreme Court Denies Trump Administration’s Request for Stay – Juliana v. United States Moves Forward, Again

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る