【国際】RepRisk「世界で最も物議を醸したプロジェクト2019」。食中毒やダム事故が多数 2019/02/17 最新ニュース

 ESGリスク情報提供世界大手スイスRepRiskは2月13日、2018年の「世界で最も物議を醸したプロジェクト(Most Controversial Projects)報告書」を発行した。RepRiskは、同様の報告書として「世界で最も物議を醸した企業(Most Controversial Companies)報告書」も毎年発行しているが、今回発行のものは「プロジェクト」についてまとめたもので今年が6回目の発行。

 同報告書は、上場・非上場含む世界の主要企業11万社とプロジェクト29,000件の情報を網羅した同社の「ESGリスクプラットフォーム」に基づいて、リスク値を計測している。このプラットフォームには、メディア、オンラインメディア、ソーシャルメディア、第三者団体等から発行された報告書、ステークホルダー、NGO、政府機関、規制機関、シンクタンク、ニュースレター等の公開情報を20言語で毎日収集している。

 リスクはゼロ(リスクが最も低い)から100(リスクが最も高い)で得点付けされ、特に75から100の値はリスクが非常に高い。

ランキング プロジェクト名 リスク値 業界 内容
1 Winter Cherry Trade and Leisure Center 80 ロシア 小売 店舗大規模火災で64人死亡。防災対応不全
2 石油タンカー・サーンチーの衝突事故 78 パナマ 海運 東シナ海の上海沖で発生した海上事故
3 Craon Celia Factory 77 フランス 乳製品 乳児用ミルク工場でサルモネラ菌大繁殖
4 Polokwane Factory 75 南アフリカ 食品 人類史上最大のリステリア症流行
5 一帯一路 73 中国 特定不可 環境破壊、腐敗、マネーロンダリング等
6 Patel Dam崩壊事故 72 ケニア 水インフラ コーヒー農園企業による貯水ダムの違法建設
7 Hyde County Farm 67 米国 畜産 養鶏場でサルモネラ菌の大量繁殖
8 Tuticorin Copper Smelter Plant 64 インド 銅採掘 大気汚染、地下水汚染を主張する住民と衝突
9 Ituango Hydroelectric Power Project 63 コロンビア 水力ダム 豪雨で鉄砲水放水が発生。集落消失
10 Barcarena Alumina Refinery 63 ブラジル アルミニウム精錬 違法建築で大規模水質汚染

  2018年のプロジェクト上位10件では、食品事故やダムによるものが多い。食品工場での衛生問題や電力や資源採掘でのダム災害が大きなリスクとなっている。

【報告書】Most Controversial Projects of 2018

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る