【イギリス】アーステッド、英国沖で1.2GWの世界最大洋上風力「Hornsea One」営業運転開始 2019/02/18 最新ニュース

【イギリス】アーステッド、英国沖で1.2GWの世界最大洋上風力「Hornsea One」営業運転開始 1

 デンマーク電力大手アーステッド(旧DONG Energy)は2月15日、英国沖で世界最大規模の洋上風力発電所プロジェクト「Hornsea One」の営業運転が開始したと発表した。設備容量は1.2GW。九州電力の川内原子力発電所の設備容量は1.78GWと非常に規模が大きいことがわかる。

Honrsea Project One
(出所)アーステッド

 イギリス東部ヨークシャーから120kmの沖に建設中で、面積は407km²(東京ドーム10個分)。設備容量7MWのシーメンス製大型風力発電タービンが174基設置され、すでに172基が設置され、残り2基も2019年夏までに設置を完了し、2020年にはフル発電に入る予定。売電先は英ナショナル・グリッド。

 Hornsea Oneの建設計画は2014年に始動。当初はアーステッド100%で建設を進めてきたが、2018年9月18日に権益50%をGlobal Infrastructure Partners(GIP)に58.8億米ドル(約6,500億円)で売却し、資金を一部回収した。

【参考】【イギリス】世界最大規模風力発電所、最終投資を意思決定。設備容量1.2GW(2016年5月13日)

 洋上風力発電で世界をリードするアーステッドは、現在合計1,100基が稼働中。設備容量にすると5.6GWあり、他に現在建設中が3.4GWある。加えて、建設許可を得ているものが他に、米国で2023年までに1GW、ドイツで2025年までに1.1GW、台湾で1.8GWある。総計では2025年までに15GWに達する見込み。

【参照ページ】The world’s biggest offshore wind farm, Hornsea 1, generates first power

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る