【国際】ゴールドマン・サックス、メガソーラーは今後2年間10%以上の成長率と予想 2019/03/18 最新ニュース

 世界金融大手米ゴールドマン・サックスは3月14日、大規模太陽光発電(メガソーラー)の新規設備容量は2019年と2020年に10%以上成長する見込みと発表した。特に、米国、欧州、中東、中国で拡大する。

 ゴールドマン・サックスの予想によると、2019年の新規設備容量は108GWで前年比12%増、2020年は119GWで10%増。気候変動対応により、太陽光発電への人気が高まるとともに、コスト削減も押し上げ要因となる。さらに2021年は129GW、2022年は135GWと予想した。家庭用等の小規模太陽光発電も入れると間もなく設備容量は600GWとなるという。

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る