【日本】ソフトバンク、2020年4月から就業時間中の喫煙を全面禁止。勤務間インターバル制度も 2019/03/22 最新ニュース

【日本】ソフトバンク、2020年4月から就業時間中の喫煙を全面禁止。勤務間インターバル制度も 1

 ソフトバンク3月19日、就業時間中の禁煙を含む健康経営施策を4月1日から実施すると発表した。「社員が心身ともに健康で、常に活力にあふれた組織を実現することを目的」と説明した。

 禁煙措置は、就業時間中での喫煙を段階的に禁止する。まず4月から毎月最終金曜日の就業時間中の喫煙を、加えて10月から「定時退社Day」(毎週水曜日)の就業時間中でも喫煙を禁止する。2020年4月からは就業時間中は、オフィス内や外出中を問わず全面的に禁煙にする。全国の事業所内の喫煙所は、本社の移転を機に、2020年10月頃に撤廃する。

 また、終業から次の始業まで一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」を導入。全社員を対象として、終業から次の始業までに10時間以上の連続した休息時間を取ることを義務付ける。但し、緊急対応を要する業務や時差がある海外の企業との電話会議等、やむを得ないと上長が認めた場合は例外ととして許容する。

 年次有給休暇の取得奨励日も会社として設定し、有給休暇を取得しやすくする。奨励日は、プレミアムフライデーや、土日と祝日に1日だけ挟まれた平日、ゴールデンウイーク期間中の平日等が選ばれる模様。

【参照ページ】勤務間インターバル制度の導入や就業時間中の禁煙などにより健康経営をさらに推進

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る