【アメリカ】EPA、水再利用アクションプラン案公表。パブコメ募集。定量目標は特に設けず 2019/04/23 最新ニュース

 米環境保護庁(EPA)は4月18日、様々な業種に関する水再利用アクションプラン(WRAP)案を発表。7月1日までパブリックコメントを募集する。EPAは、水再利用を旱魃対策と位置づけており、純粋な廃水リサイクルだけでなく、代替水供給、水資源回復等まで含めた広範囲な「水再利用」を定義している。

 今回のアクションプラン案では、農業、飲料水、建物での水還元、大気からの水抽出、貯水、軍事利用、災害用水、工業用水、自然水系、水圧破砕によるシェールガス・シェールオイル開発等での現状の取組を整理した上で、今後の対策の方向性を示している。主な力点は、技術開発やセンサー開発、リスクアプローチを用いた公衆衛生、ファイナンス機会、データ利活用等。

 今回のアクションプラン案では、将来の定量目標等は特に設定していない。

【参照ページ】EPA Seeks Public Input for Development of National Water Reuse Action Plan
【文書】WRAP案

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る