【日本】三菱電機、2050年までにバリューチェーン全体のCO2排出量80%削減。2030年までに30% 2019/06/16 最新ニュース

【日本】三菱電機、2050年までにバリューチェーン全体のCO2排出量80%削減。2030年までに30% 1

 三菱電機は6月13日、「環境ビジョン2050」を発表。その中で、バリューチェーン全体の二酸化炭素排出量を2030年までに30%、2050年までに80%以上削減すると発表した。生産過程で発生するプラスチック等の廃棄物も100%「有効利用」するとした。

 その他、「環境ビジョン2050」では、環境宣言として「⼤気、⼤地、⽔を守り、⼼と技術で未来へつなぐ」を掲げ、3つの環境⾏動指針と、21の重点項目を示したが、具体的な内容があったのは上記2つのみだった。

【参照ページ】三菱電機グループ「環境ビジョン2050」策定

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る