【日本】経済産業省、海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会を設立。ISO等目指す 2019/07/23 最新ニュース

 経済産業省は7月22日、「海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会」を設立したと発表した。同省は5月、海洋生分解性プラスチックの普及に向け今後の主な課題と対策を取りまとめた「海洋生分解性プラスチック開発・導入普及ロードマップ」を策定しており、今回の委員会では、2020年代初頭にISO等で国際標準を提案することを目指す。

 同省は、「廃棄物の適切な管理が何より重要であることを前提に、3R(リユース、リデュース、リサイクル)の着実な推進を行い、それでもなお廃棄物が海洋流出するリスクに対応していくため、新素材・代替素材の技術開発を促進する等、イノベーションによる解決で世界への貢献を目指す」と強調した。

【参照ページ】海洋生分解性プラスチックの標準化に係る検討委員会が設立されました

株式会社ニューラル サステナビリティ研究所

Facebookコメント (0)

ページ上部へ戻る